GOODWOOD PEOPLE

グッドウッドピープルではモーターサイクルをとおして人生を楽しんでいるグッドウッド二輪商会に係わる方達をご紹介します。

グッドウッドピープルではモーターサイクルをとおして人生を楽しんでいるグッドウッド二輪商会に係わる方達をご紹介します。

若い頃、音楽をやっていることと
バイクに乗っていることが、
モテる男の2大条件と思ってました!(笑)

モトラッド京葉
 セールス 進藤和幸

華麗なる転身でこの世界に入られた、とお聞きしました。
どのような経緯で今のお仕事に至ったのか、お聞かせください。

まず学校を出てから、しがないミュージシャンとして、何百本ものライブ活動をして日本国中を駆け回っておりました。
その後、住宅業界に就職しまして社会人としてスタートしました。
そこでは住宅の販売や、住宅資材の販売を行っていました。
私とグッドウッドの関わりが始まったのは、住宅業界にいた時代ですから、今から30年ほど前になります。
グッドウッドがまだ本店しかない時、友達に連れられてお店にやって来て、なぜか自分がファットボーイを衝動買いしてしまったんですね。
それ以来、私はユーザーとしてグッドウッドと長いお付き合いをすることになります。
結局、大変な数のバイクを購入することになるんですけどね(笑)。

住宅業界で働いている時は、すごく景気の良い時も悪い時もありました。
景気が良くてそれなりに給料をもらっている時代は、グッドウッドでバイクを買い倒しましたね。
資材の販売の責任者をやっていた時は、会社が傾いてしまって債権者さんに土下座をして回ったこともあるんです。
それでも家に帰ってきたらオートバイ雑誌を見ながら、次は何買おうかなあとか考えていました。
いろいろ浮き沈みはあったんのですが、どんな環境でもバイクは買っていましたね。
グッドウッドとは30年のお付き合いになるんですが、関口社長は当時から良い意味でバイク屋さんらしくなかったですね。普通のバイク屋さんと違って、油まみれ汗まみれみたいなバイク屋さん的なイメージが無くて、バイク周辺のカルチャーを非常に大事にされていましたし、店構えとか従業員の方々の態度とかも、雰囲気がまったく違っていました。
現在、グッドウッドは、ハーレーダビッドソン・BMW・ドゥカティ・ベスパと4ブランドが揃っています。
ハーレーで来られてBMWに乗り換えたい、とか結構あるんです。
外車の買い替えで下取りの話になると、かなり面倒でお客様にも負担がかかってしまいます。
そういう連携ができていることから見ても、グッドウッドの展開はユニークですよね。
そんなこんなで私は、今年の3月からグッドウッドで、なぜか今度はセールスする側の社員としてお世話になっています。
なんか、運命的なものを感じます。

進藤さんはトップセールスマンだとお聞きしましたが、何か売るコツとかポイントがあるのでしょうか?

今、BMWのセールススタッフとして働いているのですが、一時期ポンポンと調子よく売れたこともあったので、そういう風に言われているのかもしれません。
でも、自分では本当にBMWのトップセールスだったのかどうかはわからないんです。というか知らないんですよ(笑)。
ただ、自分は根っからのセールスマンだと自負していますし、今まで散々バイクを買ってきたんでユーザーさんの気持ちは非常に理解していると思っています。
共感できるものが無いと、お客様には伝わらないですよね。
自分もバイクを爆買いしてる時代に、他のお店にも顔を出していましたが、バイクに愛のない店員さんに当たることもあって、そういう時は気分が萎えましたね。

お客さまもいろいろな環境や状況の中、お店に来られてバイクを買おうかどうしようか迷っていらっしゃるんで、「今、バイクを買っていいのかなあ?」というような不安を取り除いて、ベストの提案をさせて頂くことが、自分の仕事なんだと思いますね。
高い買い物になるのかもしれませんが、それから得られるものの方が絶対大きいので何とかなっちゃうもんです。
バイクは、生活に絶対必要なものでは無くて、120%趣味のものです。
だからこそ、理由はどうであれ自分が欲しいと思う時に、手に入れられる環境があれば買うべきだと。
バイクで人生観が変わった、バイクが転機になった、というお客様を何人も見てきています。
そういう話をお客さまから聞くと非常にうれしいですし、買っていただいて本当によかったと思います。

進藤さんのこれからの夢、目標は何でしょうか?

若い頃は、音楽をやっていることとバイクに乗っていることが、モテる男の「2大条件」と思っていました(笑)。
その気持ちは今でも変わらないですよ。それで、モテたのか?と言われると微妙なところなんですけどね(笑)。
音楽は趣味として余暇の部分で続けていきたいですし、いつまでもバイクにも乗っていたいです。

ぶっちゃけ本音の部分で言いますと、モノを売るというのは口で言うほど簡単なことじゃないのですが、それだけに達成感は非常に大きいですし、お客さまにキーをお渡しする時のうれしそうな顔を見るのが本当に好きです。
この仕事は天職だと思っているので、一生現役で働きたいというのが夢ですね。
これからバイクを買おうと思っていらっしゃるお客さまも、買っていただいたお客さまも、一生のお付き合いをしたいですし、グッドウッドで買ってよかった、進藤から買ってよかったと言っていただけるようなセールススタッフになりたいと思っています。

TOP