GOODWOOD PEOPLE

グッドウッドピープルではモーターサイクルをとおして人生を楽しんでいるグッドウッド二輪商会に係わる方達をご紹介します。

グッドウッドピープルではモーターサイクルをとおして人生を楽しんでいるグッドウッド二輪商会に係わる方達をご紹介します。

メカニックという以前に
「一人の人間としてどうなのか」
ということが大切ですね。

ハーレーダビッドソン グッドウッド
 サービスチーフ 笛木好巳

サービスチーフというのはどのような仕事ですか?

基本的には工場を円滑に運営するための仕事で、工場長と言ったほうがわかりやすいかもしれません。
まずはサービスフロント的な仕事なのですが、いらっしゃったユーザーさんの目的や希望をお聞きして、私どもがどのようなサービスでお応えできるかをご提案します。
次は、作業工程の作成と日程の調整ですね。
修理なのか調整なのか車検なのか、その作業がどの程度日数がかかるのか、他の作業との兼ね合いや担当するスタッフの割り振りも考えてスケジューリングを行います。
工場全体の売り上げの管理なども私の仕事です。
あとは、ユーザーの皆さんが安心して安定したサービスが受けられるよう、サービススタッフの技術的な指導とか育成も行っています。

グッドウッドに入社された理由をお聞かせください。また、グッドウッドはどのような会社ですか?

グッドウッドに入る前は、ハーレーのカスタムショップで働いておりました。
バイクも好きでしたしメカニックという仕事も好きだったんですが、もっと技術的な部分を身につけたかったのと、整備に関しても勉強したかったので、家族に相談して転職を決意したんです。21年前?のことでしょうか。
そしてグッドウッドの求人が出ていたので、ここで働かせてくださいとお願いしたんです。
私が扱っているのは輸入車が中心ですが、ブランド力も高くユーザーさんの要望も高くて、かなり本気で働いて勉強しないと難しい世界であることを再認識できましたね。
お店は仕事に関して非常に厳しいのですが、どのようにスキルアップすればよいか工夫されていますし、楽しいこともたくさんあって働き甲斐のある職場です。
メカニックとして女性も働いていますし、長くこの仕事を続けられるような雰囲気はとても良いですね。
それと最近では珍しいと思うんですが社員寮があるのがいいですね。かなり格安で入れますので若い方、地方の方も安心だと思います。

20年以上、この仕事を続けられる理由は何でしょうか?

オートバイが好き、というのが一番の理由でしょうか。
子供のころから機械というかメカニカルなものが好きで、機械がどういう原理でどう動いているのかということに興味を持っていました。機械の仕組みがわかってくると、さらに複雑なものさらに知らないものへと興味が深くなります。
そういう興味は昔から今に至るまで変わっていないですし、仕事を続けられる理由なのだと思います。
バイクの魅力は何ですか?と、聞かれることがあるんですが、好きだから、以外に答えが自分の中に無いんです。
「魅力」というものを言葉に表わせないですし、それを考えたこともないのですが、オートバイって常に自分のそばにあるものだと思うんです。逆にそばに無いと不安でたまらなくなる、なんかあるものが無いとギクシャクしてしまう、そういうものなんですね、自分にとっては。
たぶんユーザーさんも同じように思っていらっしゃるんで、自分たちもがんばって仕事しようと、この仕事を続けていこうと、思うんです。

笛木さんの今後の夢は何でしょうか?

夢ですか?20年以上もこの仕事をしてきたので、この仕事を長く続けていきたいですね。
それと、実は私の息子もオートバイの整備士をやっているんです。
何を思って父親と同じ職種を選んだのか、詳しいところはわからないのですが、バイクが好きなんですね。
彼が今後も自分が選んだ道を続けていきたいと思うのであれば、それを見守っていきたいと思っいます。

メカニックをめざす方々に向けて、何かアドバイスがあればお願いいたします。

私は好きでこの世界へ飛び込みましたし、メカニックという仕事は自分にとって憧れの仕事でした。
まずはオートバイやこの仕事を好きでいて欲しいと思います。
好きであれば続けられますし、「好きこそものの上手なれ」と言われるように、好きだからこそ一生懸命取り組んで腕を上げることができると思うのです。
技術が伴わないと好きだけじゃ続けられない厳しい世界であることも確かで、自分なりに勉強したり工夫することを続けること、が必要なんだと思います。
そして、メカニックという以前に、「一人の人間としてどうなのか?」ということが大切ですね。
「腕はいいが、偏屈で無口な職人」というような人間が通用するような時代ではないので、まず挨拶ができるとか、きちんと会話ができるとか、そういう基本的なことが重要になってくるんだと思います。
今の時代、ユーザーさんとコミュニケーションをとって、ユーザーさんを理解しないと、メカニックは勤まりません。
そして、ひとつの会社に属するということは、今まで触れたことのない人々と付き合わなければなりませんし、会社や仕事場、チーム、それぞれのビジョンに自分がどう反応できるか、つまり社会人として一人前であることが求められます。
今後は、オートバイもハイテク化しますし、私たちが学ばなければならない範囲もどんどん広がって複雑化します。
これからこの仕事を目指す方々にとって、大変なことはたくさんあると思いますが、本当にやりがいのある仕事ですので 是非チャレンジしてください。応援しています。

TOP